漢前女子と言われ続けたい。

32歳独女の思ったこと色々。食レポ/写真/4コマなど。時々、恋活・婚活ネタや惚気も。

第0回「短歌の目」2月のお題10首  自作ふりかえり ・ 【絵】2番「チョコ」

主催の卯野さんに感想いただきました!
自分で気づかない部分の観点、ご指導いただけてすごく楽しい企画だと思いました。


2月投稿短歌の感想です11-20 - はてな題詠「短歌の目」


感想にとりあげていただいて、引用スターもいくつかいただけた一首絵↓

f:id:ryokuchai:20150222115801p:plain

以下、自作への解説・感想。

 

2月のお題10首

ほぼ自分ネタなので、相変わらずの少女漫画脳全開で作ってるつもりでしたが、それだけでは出し切れず、苦肉の策で出したものなんかが意外と評判よかったりで嬉しく思いました。

 

1.白

 まっしろに けぶる風景 雪の先 あなたの故郷 未来のわたし

雪のある日の視界が白く染まる感じが好きです。音が吸収されて空気が冷たさでしんとなる感じも。なので敢えて「雪」ではなく「白」でこの歌を一番最初に書きました。
パートナーさんが雪国生まれなので、そこらへんの妄想を盛り込みつつ。

 

2.チョコ

 街中に 甘い香りが立ち込めて 思いの行方 来月の宿題

丁度バレンタイン直前だったのでよく通る道がチョコレート出店でもっとも盛り上がってる時期でした。クリスマスケーキとかと違って、チョコは日持ちがするからなのか前日より前でも買ってる人が絶えずいてすごかった。
「宿題」の言い回しは日常生活でもけっこう使います。「これやっといて」よりも「次までの宿題ね!」の方がなんとなく和みませんか。

 

3.雪

 ふわふわと指先に舞うその姿 軽やかなステップ あなたの足取り 

1.白とは違うネタにしたかったのでふわふわ感を選択。
緑茶もパートナーさんもジャンル違いですが、ダンス経験があるので、ステップの軽やかさに喩えてみました。 

4.あなた

 「あなた」と呼び掛けられるたび思う「名前で呼んで」小さなおねだり

以前のブログでも書きましたが、名前を呼ぶのってすごい大事だと思うんですよ!!(主張)

 

パートナーからの呼び名 - 漢前女子と言われ続けたい。

 

5.板

 板につく 立て板に水 板ばかり似合うあなたのまな板ボディー

他の方も色んな板を使用されてましたが、わたしの場合はするっと「板につく」が浮かんできたので、そこから広げてみました。
パートナーさん細すぎぃ!

 

6.瓜

 うりうりぼー 猪と聞き思う人を いつのまにやら忘れられていた

瓜自体にそんなに馴染みがなくて浮かばなかったので、言葉遊びを。
うりぼーを思いついた後で、元彼が亥年だったのを思い出しました。
(ほんと全部自分ネタすぎて解説も恥ずかしいくらいだ)

 

7.外

 外は寒い 中はぬくい 扉をあけ 中で迎える笑顔のぬくもり

このあたりでちょっと思いつき難くなり始めて、ひねりがないですね。
冬の、外のしんと寒い空気も好きだし、中に入った時のほっこり具合も大好き。
そこに大切な人の笑顔があると尚最高ですね。

 

8.夜

 長い夜 朝も遅い その帳が長い分だけ あたためさせて

7に続いての屋内ほっこりネタ。布団の中と外の温度差も好きです。
夜が長いのもまた、冬のいいところだと思います。

 

9.おでん

 あるものはなんでも煮よう 味が出て ぎゅっと沁みこむ  おでん最高!

関東に来て感激したものの一つにちくわぶがあります。もちもち美味しい!
つい先日「関西っておでんに里芋いれるんでしょ!?」て東京生まれ東京育ちの人に言われたけど、実家のおでんの具にはなかった気がする。

 

10.卒業

 この塒 巣立つ日がきた さようなら かつての「あなた」 かつてのわたし

これも、もうすぐ自分が引っ越すからっていう超自分ネタなんですが(…)引用スター貰ってから、色んなシチュエーションに当てはまるなーと思いました。
過去の「あなた」とセットになる「わたし」を一緒に卒業しようという心積もり。

 

卯野さん素敵な企画ありがとうございました!

次回の目標は「自分軸じゃない世界観の構築」これだな。