漢前女子と言われ続けたい。

32歳独女の思ったこと色々。食レポ/写真/4コマなど。時々、恋活・婚活ネタや惚気も。

婚活・恋活そのものについての話をする

現パートナーさんとの出会いは某アプリでした。

f:id:ryokuchai:20150206131754p:plain

 

設問2 筆者の漢前ってどこからきてるんですか?

このブログおとこまえ感ないな!!!て、我ながら思ってました。
そしたら、イラストブクマしていただいてワーイうれしー!と思った先のコメントで、
おとこまえ?て書いてあって、デスヨネー!!!てなった。

最初、ブログでもおとこまえらしさを出していこう!とか思ったんだけど、
元々意識してないのに「緑茶はおっとこまえやわー」「緑茶うちの彼氏みたい」とか言われてただけで、ノー意識なのでどうやっていいかわかんなかった ←

で、よくよく考えると、多分おとこまえなのって女子がいるからなんですよね。
お化け屋敷で先にこわがる人がいれば、こわくない。
女の子が先にいれば、より一層女の子が女の子でいるための役になる。
ほら!同じ!(?
ちなみに、これ自動切り替えなので自分で意識してもキャラ替え出来ません
緑茶は関西出身なので、相手も関西弁の時だけ関西弁になりますが、それもまた自動切り替え式となっております。

なので、個人の中身しかないブログだと別に自動切り替えおとこまえモードにもならないし、
逆に自分にとっての男の人の最たるものである彼氏の前にいくと、女の子になりたくなるんだろうな、という。
でも最初の一個人として会ってるときは半分パブリックモードなので、プライベートよりもむしろビジネスモードに近いんだな、多分。それが彼氏彼女ってロールになると徐々に女子部分が出てくる。

そんで4コマみたいな状況になる。

えー!あんなシャキシャキしてたし仕事パキパキしてるやーん、みたいな。
そんなすぐさみしいとか言われても知らんやーん、そんな子と思ってないやーん、みたいな。
イエ、実際言われてるわけではないけれど。

また逆張りになりますが、そうやって緑茶が女子化したら、女男だったパートナーさんは男部分が増えてきた気がする。人間の関係って面白いですね。ハハハ。


どうでもいいことですが、緑茶のときめきピークはメッセージのやりとり時だったので、初対面の時にはもうだいぶ落ち着いておりました。むしろメッセージが弾みすぎて(最初はそんな長くなかったのが、お互いじわじわ語り伸びて長くなった)あとはもう合うか合わないかだけだって気持ちになってた。
合うか合わないかなんて、誰でも同じなんですけどね!!

なので肝坐ってたのか、落ち着いてにこにこしていた。にこにこして話を順調に広げて、拾って広げて、広げて…「なんかわたしにも訊こうよ?興味ないの?(笑)」なんてシーンもありつつ、一旦一件落着しました。既になつかしいな。

ライトな婚活・恋活アプリということもあって、ガチガチ婚活トークとか一切してなくて、メッセージも趣味とか仕事の話から入ったのもよかったかなあ。でも即結婚!!て人たちには物足りない展開ではあるかもしれない。

 

婚活市場のネガティブさに腹を立てている

何故思い出したかのように婚活・恋活アプリの話を始めたか。
正直なところパートナーさんとの内容は、もうちょっと色々うまく進んでからまとめたいと思ってたんですが、なんとなく今の時点で楽しい婚活・恋活もありますよって言いたくなってしまったのだ。


年収260万、39歳独身の僕が言われたくない言葉をランキング形式で紹介する - 散るろぐ

友人の婚活クイーン妃子(33)は、某大手相談所に行ったらまず自分の市場価値の低さを徹底的に叩き込まれるところから始まったという。がんばるぞーて意気込んでいったら頭ガツーンですよ!
確かに日本の婚活市場は女は年齢、男は年収っていう価値が大きいんだけど、そもそもそこがおかしくないか?これだけ世の中多様化だとか言われて、今更三種の神器やマイホームが夢な時代でもないのに、どうして婚活市場だけ価値観が一方方向なのか。結婚自体が保守的なものだから?なんだかんだいってマイホームウフフワハハなファミリーを皆が夢見てるから?
まあ、変わってきてるからこそ、色んな街コンとか農業だのなんだのって婚活もライト層が特に多様化してきてるんだとは思うんだけどもー。
なんかもうちょっとニッチな層を、というか水漏れ防止というか、なんか、なんか、なんとかならないもんかなあ。

何に価値を見出すのかは人それぞれだとしても、一方で人は自信のない人には惹かれ難いのもまた事実。
一生一緒にいますよ、これから今まで歩いてきた人生と同じくらい、あるいはそれ以上を一緒にいようと思ってますよって相手なんだから、上向いて歩いている人と胸張って一緒に歩きたいじゃないですか。
そのスタートが頭をガンガン打ちつけることだなんて、ちょっと悲しい。いや大分悲しい。

就職のエージェントとかだと、勿論市場価値は把握させられるものの、
じゃあ自分何なら勝ちに行けますか?どこに欲されてますか?どこにマッチしますか?ってのをサポートしてくれる。
まだまだ婚活市場で強い力を持ってるのは大手なので、CMだけキラキラさせるんじゃなくて、活動もキラキラさせるなにかを頑張ってほしいなあ。

ブログのネタついでに婚活市場調査?でコレ↓読もうとして、しょっぱなから頓挫中。

 

婚活迷宮の女たち

婚活迷宮の女たち

 

 

人間の姿じゃないパートナーさんについては、こちら↓ 

気持ちの整理の仕方 - 漢前女子と言われ続けたい。