読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漢前女子と言われ続けたい。

32歳独女の思ったこと色々。食レポ/写真/4コマなど。時々、恋活・婚活ネタや惚気も。

婚活・恋活における自分のスタンスの見極め

相手のスペック確認より先に、まず自問自答すべき項目。
自分が何を目的にして、どういうスケジュール感で行動したいんだっけ?みたいなところ。

婚活・恋活記録その3

↓前回

婚活・恋活市場においてスペックは絶対的に重視すべき - 漢前女子と言われ続けたい。

 

合コンは婚活なのか?問題

入るかどうかは、個人のスタンスによるんじゃないかなーと、gdgdfairyさんのブログを読んで思って、今日の記事を書き始めました。


合コンは婚活に入りますか? - gdgdダイアリー

結婚したい人が婚活の一環としてやっている、というパターンは全然あると思います。なのでスタンス次第。
でも結果としては、よっぽど幹事も参加者も真面目にやりきらないかぎりは、実りは薄そうなイメージ。条件がマッチしてるかどうかもわからないし、そもそも合コンで長いつきあいに発展した例を何気にそんなに見た気がしないから、やっぱり一過性の楽しみって面は大きいように思える。逆にド婚活市場で出会った人とは恋が出来る確率が薄そう。
会社の同僚の合コンキング達は「結婚してー!!!」て言いながら毎週合コンに行っているけれど、ただ彼女をつくる・結婚する目的だけならネット出会いの方が効率的ではあると思う。それでも彼らが合コンに行くのは、合コンそのものが好きだからで、行って楽しむのを第一としているように見える。世の中にはけっこうそういう人って多いんじゃないかなーと、間近に例がいる身としては思います。

まあでも、確率論で言えば首都圏とかだと結局一番多いのって職場婚な気がするし、ケースバイケースでいくならメル友とかクラブナンパで結婚した子たちもいるので、最終的には自分次第ですね。

んでもって、この数年でも「婚活」への見方って大分変ってきている気がするから、もしかしたら数年後の合コンは年代によってはもっと婚活寄りになってるかもしれない。

緑茶自身のスタンスはすっごい中途半端でした

出会いアプリに登録するまでの流れは以前書いた通りですが

出会いアプリを始めた時の話 - 漢前女子と言われ続けたい。

そもそも後ろ向きだったのはさておき、今でも自分が婚活をしたのかと言われるとウーン???てなります。それはスタンスがふわふわーゆるゆるーだったのと、結果としてふわゆるで得たパートナーさんとの未来が不明確だからです。

どんなフワフワっぷりだったかというと、
「いずれは結婚したいし沢山恋がしたいわけではないからこの先に結婚を考えられる人がいい、でも今すぐ結婚したいわけではないから結婚結婚てなってる人は駄目。見合いみたいにスペックありきの人も嫌だ。自分のことをちゃんと好きになってくれる人がいい
・・・うん、我儘!!

結果、世間的なスペック勝負でいうとすこーし落とし穴があり、穏やかーに好きで好かれているものの、未来は相手の意思すら不透明…というフワフワーな関係が出来ましたミ★ フワフワスタンスにはフワフワな関係がついてくる。
緑茶のスタンス的にはOKですが、婚活という目で見れば成功とは言い難く、周囲には心配されたり「とりあえずその恋はさっさと楽しみきって次いきな!」と言われたりしております。友情が痛い!暖かく見守ってくれよ!

スタンス違いというお話では、婚活クイーンな友人妃子が非常にわかりやすかったです。
妃子は婚活婚活言いながら実態は恋したい乙女だったので、お見合い相談所で出会った人たちは悉くぬるくてだめだ!てなってました。恋して女として求められたい彼女にとっては、結婚マッチングの良し悪しだけ見てくる男性は物足りなかったのでしょう。

(つづく)

アラサーアラフォー少女漫画で「姉の結婚」とか「今日は会社休みます」とかが非難されてますが、わたしはこれが好きです。

ヤらみそ~ヤらずに三十路はだめですか?~ (フラワーコミックスアルファ)

ヤらみそ~ヤらずに三十路はだめですか?~ (フラワーコミックスアルファ)