読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漢前女子と言われ続けたい。

32歳独女の思ったこと色々。食レポ/写真/4コマなど。時々、恋活・婚活ネタや惚気も。

両親の結婚記念日だから、始まり損ねた夫婦の話をする。

人生 感情表現 パートナー

うちの両親はいまや、両親という形態を成さない。
「父」と「母」ではあるが、「両親」ではない。
この一人と一人の計二人、は今、二人だけでマンションで顔を合わさない家庭内別居生活を送っている。
必要伝達事項は筆談である。筆談。メールやLINEですらない、筆談。

 

その「夫」と「妻」は喧嘩ができなかった

ものごころついた時から、二人が喧嘩をしているというのを見たことがない。
どちらかが機嫌が悪い、くらいのことがあっても、言い合っているのを見た覚えがない。
というかむしろ、二人が二人だけで話している、というのを見た記憶が本当にない。
まあこれは、記憶に残るほどのものがなかった、という残念なだけの話で本当になかったわけではないのだろうけども、今となっては思い出せないくらい向かい合ってる図の想像できない二人となってしまった。
喧嘩して阿鼻叫喚の図も嫌だが、全く喧嘩にすらならないのもそれはそれで問題だ。

小学生に対して、母は言う「結婚は生活の共同者とするものなの」

一昨日の「ロマンを壊さないでくれ問題」じゃないが

アラサー独女が何故結婚を焦るのか - 漢前女子と言われ続けたい。


 一小学生にそんなこと言わないでくれよ!!!である。
母が父と一緒になったのは祖母(母の母)のレール敷きによるもので、そのレールから脱線しよう脱線しようともがいていた母が諦めるまでの経緯と諦めた先の結婚だったということを小学生で知る緑茶。
あと後に感想として思ったことは「見合いで可愛い若い賢い子が現れてキャッハーってなっただろう親父、かわいそう。。。」である。
 

母の涙を見たとき「このひとは自分が守らねばならない」と思った

なんで泣いてたかっていうと、父方の祖父が植物状態になっているのを見たショックで…ということだったんですが、それを家で泣きながら言ってる母をみて小3だか小4だったかの緑茶は思いました。「この人はここでしか泣けないんだ、自分が守らないといけない」この時には既にうっすら、母のケアを父が全く出来ないことをわかっていたのだと思う。
そしてこのこじれたマザコン魂こそ、男前成分を大量に育てた養分であったと思う。

最近になって出てきた新婚初日のはなし

「朝ごはんを二人分並べて、席についたの。そうしたら目の前でバサッて新聞を広げられて、それ以来いっしょに朝食をとるのはやめたの」

ちょいちょいちょいちょいーーー!早くね?諦めるの早くね?てか嫌だったなら言おうよ!まず伝えてから様子見てあげてよーーー

基本いいこちゃんの母がプリプリするのは対親父(夫)に対してのみである

昔はもう少しましだったのだ。
「お父さん(夫)は癌の後も人の言うことをきかずに○○してるから、そんなこと言うならもう勝手に身体悪くしたって自業自得なんだから!!」
みたいな。
まあ、心配してるよね、みたいな。
可愛く言えばツンデレのツンですよね、みたいな。
親父は昔で言えばオタクの傾向があったので、1~2世代遅れてたらツンデレモエーとかなって、もうちとなんとかなったんだろうかこの夫婦。
でもツンデレのツンもデレる隙を与えられずにツンツンしてたらこじらせツンになるし、どんどん尖ってって離れてって戻れなくなっちゃうのだ。
結果、最初は平行線から始まった二人の心は、なんか繋がらずにどんどん離れてってしまった。

娘は、そんな二人を本当は悲しんでいたし怒っていたし恨んでもいた

ということに最近気づいた。
今までは、そんな成り行き上で出来た夫婦の子供とか、まさに成り行き子供…そんな自分ってなんぞや…と自己存在意義について悩んだり、まあレールにのって出来た子供なんだらレールに沿って育てて当たり前だよね!と開き直って親への感謝が出来ずにいたりしていた。
でも年を経ると、あー親父の仕事は尊敬できるなとか、子育てって本当に大変すぎて自分の今の年齢だとオカンは小学生・園児の子育て中ってまじ偉大すぎる・・・と思うようになった。と、同時に、あー自分ももっと早い段階で、なんで二人はそんなんになってしまったんだって言えればよかったなあと思ったものだ。

そんな二人の行く先はまだ見えない。

 

娘は10代:恋愛結婚派→20代:生涯独身志向→30代:パートナー至上主義、となった

親は先に死ぬ、子供は巣立つ、そうなるとやっぱり一番大切なのは一緒にいてくれる人生のパートナーである
ていう極論に達した。
20代は割と一人で生きていこうと思ってましたが、まあやっぱ一人は寂しいよねって思い直しまして。
で、一緒にいてくれる人、パートナーとはちゃんと言葉を交わして関係を二人で作っていくことがすごくすごく大事だなあと日々思っております。


「察してほしい」気持ちをなくせば夫婦喧嘩は8割減る - はなこのブログ。 

 最近プンスカ女子とか片思いジレジレ女子から話が来るとURLを送りつけている。まじバイブル。