読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漢前女子と言われ続けたい。

32歳独女の思ったこと色々。食レポ/写真/4コマなど。時々、恋活・婚活ネタや惚気も。

婚活も恋活もヤリ活も自分に正直であれ

婚活 恋活 感情表現 恋愛

はっきり言って、三十路にもなって全く結婚を意識しない人間などいない。

且つ、何かしら出会いの場に出てきている時点で異性を求めているという点では同列であり、男女問わず何かしら対異性への目的があるのだ。
だったら、どういうビジョンにしろ、結婚への考えを前面に出してまずいことなど何もないのじゃなかろうか。

それは「今はまだ結婚しないから遊び相手を探している」というヤリ活ビジョンでも全然いい。「未来永劫伴侶など持たない」ということでもいい。
むしろ、オブラートに包んだ結果のミスマッチでマッチングしない相手と時間を無駄にするリスクの方がよっぽど高い。
婚活の人にヤリ活の人が近づくのは、お互いリスクがあり過ぎる。

なのでわたしは思う、自分が求めるビジョンを口にすることはむしろ近道であると。


婚活に努力する女はエゴイスト。本当に努力してなるべきは「ツッコミマスター」である | by.S

読んで一理ある、と思ってたが、時間がたつにつれ段々もやもやしてきてしまったので、思ったことを出しておく。
エゴイスト上等、ヤリ活もヤリ活として正直に生きればいい。
(本文より)「バスト85ないとたたない」
とか思ってるヤリ活男子が盛り胸の婚活女子とか持ち帰ってもお互い何もいいことない。

 

何故、婚活においてはアラサー女のいたさばかりが注目を浴びるのか

アラサー女はわかりやすく焦る、というのは大きいだろう。
昨日、+α的な要因を挙げたが、

アラサー独女が何故結婚を焦るのか - 漢前女子と言われ続けたい。

周囲の変化により、まるでオセロのコマがくるくる引っくり返されていくような気持ちになるのは事実。そして二大要因が、残念ながら現代日本における普遍的な市場価値である鮮度が落ちていくという点と、高齢出産リスクである。

が、世の中の男性は大体子供を欲しいと考えており(周囲の温度感などを見るに)だったら高齢育児リスクはもっと男性の中で取り上げられてていい。「何歳になっても子作り出来る」じゃなくて、子育てを何歳であなたはするんですか?というところ。
もっとも、計画的な男性はやはりそこも考えて結婚を決めていて、二十代半ばから「早く子供が欲しい」と言っている男子とかもけっこう見かける。
という意味では、結婚せずに三十路半ばを迎えようとしている人は、なんらかの理由でうまくいかなかったか、人生計画を立てていなかったか、目の前のやりたいことを優先してきたか、要因によるとしてもそれぞれちょっと残念な人なのだ。(緑茶自身含む)

別に子供がいらないからいいのだ、という場合にも、それでもパートナーは欲しいと考えているなら動くのは早い方がいい。なぜなら、男女ともに大半の人間は子供を一人は欲しいと考えているので、まずいなくてもいい人という条件にするだけで選択肢が大分少なくなるからである。

迷っている時間は無駄、自分の無駄遣いをしない

極論としては、かけひきも無駄である。3ケ月駆け引きをして4か月目からつきあうより、4カ月関係を熟成させた方がよっぽど有意義である。
上記の通り、タイムリミットのある我々(男女ともに)は、二十代のようにおおらかに青春謳歌して甘酸っぱい気持ちをフワフワさせている場合ではないのだ。
フワフワと成し遂げたいビジョンを天秤にかけて、フワフワを選ぶならそれはそれでいいのだが、
目標完遂を第一に置くのであれば、それを念頭に行動すべきである。
多少のラッピングは必要なれど、ある程度、素の自分でのエゴも漂わせた状態で相手とマッチングできるのがベターである。
そして、この市場においては相手を探しているという点で相手も自分も平等なので「気に入ってもらう」ではなく、「気に入る」「気に入られる」はセットであるということ念頭において行動する。美人だろうが高年収だろうが一般的スペックの低さも高さも関係ない、競争率は気にすべきかもしれないが、一対一の関係においては常に平等であるし、いずれ対等な関係を築きたいなら最初からイーブンな状態である方がのちのち楽である。(イーブンであるからこそ、時に有利に時に不利にすることで、ぐらぐらとときめきも発生する気がするし。)

先程の記事中のツッコミマスターは関西人視点でいくとなにがツッコミマスターやねんでなおしてこい!と思ったり、一歩間違えると従順ちゃんよりよっぽどイタイ女だが、評価できるのは男性と一緒に楽しんでいる、という一点だ。

おもてなしじゃなくて、一緒に楽しむこと、これが大事だと思う。
笑顔を向けてもらえて嬉しかったら、その嬉しさを笑顔で返せばいいし
興味のある話をされて楽しかったら、もっとその話を掘り下げてもいいし
相手に興味をもって話しかけて盛り上がったなら、「わたしについて訊いてよ」とリクエストしてもいい。
相手に特別に気に入られたい場合は中々出来ない行動かもしれないけれど、意外とそうやって場を動かす立場でいたほうが、全部汲み上げるより、楽だし楽しいし、うまくいくような気がしております。