読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漢前女子と言われ続けたい。

32歳独女の思ったこと色々。食レポ/写真/4コマなど。時々、恋活・婚活ネタや惚気も。

後輩がうつの相談をしてきた

緑茶iは昨年上半期、心身をぶっ壊して休職していました。

小さいことから大きなことまで色んなものを失い、その最たるものが5年すったもんだした上に破綻した元彼との関係で、厄年きわまれり!!と思ったり、何度か人生終了してもおかしくないなーと思ったりしてました。
 
が、人は変われるし成長できるもので、病気の治療や周囲の人々のおかげで、こうして今日も生きてるし、文も書けるし絵も描けるし、前を向いたら新しい彼も出来ました。(笑)
 

かつて、病院にいって病名をつけられたらおしまいだと思っていた

前職はわりと業務としては明るく楽しい仕事だったのですが、ベンチャー気質の体育会系の根性論が正当とされてて、かつ薄給のブラック気味でした。
なので結構メンタルやられる人も多くて、仕事中に過呼吸になる子、延々涙を流してる子、明らかに目がおかしくなってる子、とかって例を見てきました。
そうすると、ちょっとやそっとのくよくよだと、単なる気の沈みだ!!と自分で誤魔化してしまう。今の時代、他の科ですらストレスをやたら要因としておしてくるし、その手の病院いったら誰でもなんか病名つけられちゃうんでしょ?いったら負けだ、と思ってました。
今から思うとこれは大きな間違いで、もっと軽度のうちに適切な治療を受けておけばよかったのかもなあと振りかえったりしてます。
明らかになにかおかしいな、このままでは人に迷惑をかけてしまう、という段になって通いはじめても、わたしの場合は最初の医者が合わなかったこともあり、結果的には半年も社会から外れることになってしまいました。
 

後輩筋子(仮)は真面目でこじらせ乙女である

スポーツできる筋肉と、よく働く頭を持ち、よくいう脳筋ではなく逆に筋肉で脳みそも人一倍動かしていると思う。
だが働く分だけ出来ないことにも頭がまわりすぎ考えすぎで、コンプレックスを大量に抱え込んでいる。実に生きにくそうな状態である、が、それを乗り越えるだけのガッツももっているのでそこが素晴らしい。
こじらせてる人は全部心の病かというとそんなことはなくて、解消できるものは全然あり、逆に病ならば先輩に相談している場合ではなくさっさと病院にいくべきである。
 

まず、ド深夜に落ち込みを相談された際には、風呂に入って寝ろといった

わかっててもしんどい時はこれを行動にうつすことすらしんどかったりするのだが、割と自分的には効果のあるやり方だと思ってる。誰もが真夜中に書いたラブレターを恥ずかしく思うように、本来身体を休ませるべき時間に頭働かせてもろくなことは浮かばない。

なので、今度おりいってご相談が…と深刻オーラを撒き散らす筋子に、笑えるコンテンツを投下した後に今日は寝なさいと諭して終わった。心配は心配だが、今度と言える人に、なになにどうしたの??とか掘り下げて広げにかかったりはしない。

実はうつの相談をしたかったと打ち明けられた

その後、互いにばたばたしつつちょこちょこ連絡してたら、そんな話が出てきた。
わたしは医者ではないので、うつかどうかなんてことはわからないし言えない。ので、自分の経験を話すことくらいしかできないのだが、とりあえずなんだかんだ生きてるし、まずは肩の力の抜きかたを覚えることから始めなよー的なことを色々話した。
あ、しんどいな、と思ったときに深呼吸を数回しっかりするだけでも気持ちって全然ちがうものになったりするもので、病気でも病気じゃなくても、マイナスからの回復方法を知ってることってとても大切だ。回復、あるいはマイナスって思ってることが実はマイナスなんかじゃないかもって思えること。
 
自分が駄目すぎると自己嫌悪の例を述べ続ける筋子に、そんなの全然あるあるー!意外とみんなそんなもんだし、むしろまったく駄目じゃないよ~と終始ながして、最終的には筋子を一時回復させてその日は締めた。
 
とはいえ、緑茶自身が全然大丈夫じゃない部分があり人に諭せる立場でもないっちゃなく、あれでよかったのかなーとちょっと悶々する今。
 
とりあえず今日もお風呂に入って寝よう。