読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漢前女子と言われ続けたい。

32歳独女の思ったこと色々。食レポ/写真/4コマなど。時々、恋活・婚活ネタや惚気も。

待ち時間の感じ方

待たせている方よりも、待っている方が、時間の経過は遅く感じると思う。

というのとは別問題として、男女の待ち時間の感じ方の違いについて。


男性にとっては「仕事の時間」「プライベートの時間」って別物なんだなって最近になってやっと気づいた。
もしかしたら、「プライベート」の中でも「食事の時間」「彼女の時間」「趣味の時間」みたいに分けられているかもしれない。「公」「私」ほどパキッとではないにしても。
だから、待ち時間(待たせるにしいても待つにしても)は「プライベート」の中でしか計上されない。

対して、女性ってのは男性がシングルコアならデュアルコア、「仕事」と「プライベート」を並行して考えられる。考えてしまう、とも言う。
なので、「仕事」をしていても「プライベート」の待ち時間はどんどん計上されていくし気になる。

これは、女性が待つ側である時、とっても損している気がする。
自分本位の考え方になるけれど、女性がまだかなーまだかなーと仕事しつつ待ち焦がれている時、男性の中には待たせている感覚どころか相手のことを考えている部分すらないのである。
つまり、まだかなーとか思うだけ無駄!じりじりするだけ勿体ない!だったらもっと仕事に集中しようよ!その方が、女性は仕事はかどるし精神上健康だし、男性は覚えのないことで責められないし、お互いハッピー。

 

て、思うように頑張りたいねって話。