漢前女子と言われ続けたい。

32歳独女の思ったこと色々。食レポ/写真/4コマなど。時々、恋活・婚活ネタや惚気も。

恋愛

めろめろはつくれる!

いつもこのブログを読んでくれている方には、さぞかし緑茶は彼氏のことが好きで好きでしょうがないように見えている、と思うのですが、実際のところ大好きではあるものの、ある程度自分でその状況を作ってるかなあと言うのが自己認識だったりします。 そんな…

ホワイトデー記録

13日に、弟からピエールマルコリーニのマカロンを、だーりんからお菓子の詰め合わせをもらいました。 弟にはチョコあげてないんですが、「上司へのお返しのついで」とのことでラッキーラッキー!薔薇っぽい味のが美味しかったー! だーりんからはお返しが…

昔の男はみんなクソ、であると同時に深い感謝の対象でもある

先日DJあおいさんのブログに共感して呟いたら、ご本人および世の悩める女子(たぶん)達のRTやお気に入りをいただいた。 たしかに、いつも「あいつまじ終わってたな」と思ってどうでもよくなった後に、本当の感謝がやってくる。そしてどんどん風化していくの…

バレンタインデー日記その2

4コマ描いたので2連発バレンタインネタ。 同居人さんが知ったら、心外だと思う。ばかっぷるさーせん!!

壱に驚き、弐によろこび、参に感動(惚気記録)

もーにんぐあふたーばれんたいん、バレンタイン明けた朝(ていうかほぼ昼)久々にだーりんに会えた充実感を胸に爽やかな天気の下を歩きました。 お昼前の街は静かすぎて、出まくってたチョコの出店がきれいーになくなってて、なんかちょっとさみしかった。フ…

待ち時間や連絡手段についての男女の考え方の違い

先日、後輩から相談を受けました。

婚活・恋活そのものについての話をする

現パートナーさんとの出会いは某アプリでした。

少年漫画・少女漫画から見るヒーロー・ヒロイン像

少女漫画育ち、ときどき少年漫画、緑茶iです。好きなヒロインはサクラ大戦のすみれと、マンキンのアンナです。うわ、わっかりやす・・・!(顔の好みが リアルで永遠のヒロインだと思ってるのは黒木瞳。つややかで淑やかで年齢に応じた澄んだ色気と弱さと強…

想いが全てという女子の論調

「恋しちゃったんだもん」「ときめかないんだもん」等の恋における女子の自己肯定力ってすごい。 男性だとなんだろう…個人的にウーンすごいけどついてけないなーてなるのは、仕事における数字絶対主義なところとかだけど、女子の感情論よりは圧倒的に筋が通…

「結婚しない」と相手に言いながらつきあう人々

そう、それはかつての緑茶自身であり元彼でもあり、そして愚弟でもあるということが本日発覚した。なんてこったい。

もう一声!は足りないくらいで丁度いいのかもしれないけれど。

口が上手な人、愛想のいい人、人の対応になれている人、こういう人種は誰にでもそうなのです。たとえば、自分が営業マンで相手がお客様の場合、やたら熱心に話を聞いてくれる人はどこでもそうなのです。ほかのお店に行っても同じように話を聞いているのです…

婚活も恋活もヤリ活も自分に正直であれ

はっきり言って、三十路にもなって全く結婚を意識しない人間などいない。 且つ、何かしら出会いの場に出てきている時点で異性を求めているという点では同列であり、男女問わず何かしら対異性への目的があるのだ。だったら、どういうビジョンにしろ、結婚への…

さみしいとか悲しいとか辛いとかネガティブなときの表現方法

スタンプまとめを作ってみました。実際に自分が使ってるの、使われたのを元に。 <a href="http://matome.naver.jp/odai/2142166450959442801" data-mce-href="http://matome.naver.jp/odai/2142166450959442801">【LINEスタンプ】さみ…

合コンも出会い系も元を辿れば同じ

と、ふと思ったので書き留めとく。 どちらも、日常の人間関係の中で伴侶を作れなかった、あるいは作らなかった、という点で乱暴に括ってしまえば同じではないだろうか。 逆に良く言えば、自分の属するコミュニティ外にコミュニケーションを広げに行く力があ…

かわいいは正義か

「勝てば官軍」じゃなくて「勝ってるから官軍」なのが「かわいい」じゃないかと、ふと思いました。 一昔前は、女子高生がなんでもかわいいって言うのはどうなのみたいに言われていた気がします。若者がなんでもかんでもやばいって言うのどうなのみたいなのと…

「さみしい」という言葉の汎用性と重量について

よく恋愛コラムなんかであるのが、男性は女性が怒ってるのが苦手、怒りたい時も「なんでこうなの!?」じゃなくて「こうだとさみしい…」「こうだと悲しい…」って言うといいですよ、といかいうもの。 いきなり話ズレるけど、女性特有の「なんでこうなの!?」…

自由は不自由

とは後程記載するブログからの引用だが、本当にその通りだと思う。 選択肢が多いことは、決して幸せではない。 これは、前職でお客様にご案内をしていても、自分がたとえば賃貸を探すときなんかもそうで。選べるということは、それだけ多くのものを諦めない…

待ち時間の感じ方

待たせている方よりも、待っている方が、時間の経過は遅く感じると思う。 というのとは別問題として、男女の待ち時間の感じ方の違いについて。 男性にとっては「仕事の時間」「プライベートの時間」って別物なんだなって最近になってやっと気づいた。もしか…